西洋骨董時計店 ドイツアンティーク柱時計の世界

展示販売中のアンティーク柱時計・置時計

展示販売中のアンティーク柱時計・置時計のご紹介

wc-003

バイオリン型ビエンナ アンティーク柱時計  (wc-003)

こちらの時計は通称バイオリン型ビエンナ、文字通りバイオリンのように曲線デザインのケースに分銅の機械が入ったウィーンで作られた掛け時計がそう呼ばれます。

分銅の重さを動力として動く室内壁掛け用の時計は19世紀オーストリアのウィーンで生まれたと言われます。機械の技術は日進月歩、そしてケースのデザインもそれぞれの時代を反映して変化していきましたが、初期の頃はケースは直線的なものが主でしたが、時代を経るにつれ作家たちの創作意欲が高まり、流麗な曲線(植物)をモチーフとしたデザインが生まれることになりました。それが19世紀中期頃。本機もそのような中で生まれた時計だと思われます。

バイオリン型と称される曲線が美しいケースは、オーストリアでは特にBiskottenと呼ばれ、ビーダーマイヤー時代(1810-1848)の直線的な時計とは全く異なっています。ケースに使われた木材が柔らかい場合には黒色に塗られていることがありますが、こちらは堅い木が使用されているため、木の色そのものが活かされた仕上げになっています。各所を植物の葉を象った装飾も見所です。

文字盤は琺瑯。打ち方(音)は正時と半刻。大きな姿とは裏腹に音は静かめですので、現代の暮らしにはあっているかもしれません。最近では出回らなくなった大胆で色気も感じさせる一機です。

この商品に近い商品はこちら:|||||

品 名バイオリン型ビエンナ アンティーク柱時計
品 番wc-003
PRICE
SOLD
wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003 wc-003